忍者ブログ
こちらは乙女系ライトノベル作家・京極れなの作品情報、仕事状況などを綴るブログです。
26 . December





シフォン文庫より本日発売です。
『王の華嫁~政略婚の愛に濡れて~』
イラストは鳩屋ユカリ先生です。

あらすじはこちら
政略結婚で敵国の王・耀成に嫁がされた翠玲。父の仇である夫を初夜の床で殺そうとしたが失敗し、逆に媚薬を盛られてしまう。憎い仇に弄ばれているのに、薬に冒された翠玲のからだは、熱く淫らに蕩けてゆく。夫もまた自分を憎んでいるはず。ずっとそう思っていたのに、耀成が彼女を見る目は優しくて――。耀成の誠実な愛を感じ、次第に心を開いていく翠玲は、ついに彼の王妃として生きることを決意したのだが!?  (シフォン文庫より)

 
 
サブタイトルにあるとおり、政略結婚ものです。
敵国の王のもとに嫁ぐことになったヒロインが
父の仇をとるために初夜の褥で王を暗殺しようともくろみますが
気づかれて失敗し、凌辱されてしまいます。
相手も妹を殺されているため、ヒロインのことを恨んでいるので手酷くやります。 
お互い マイナスからのスタートなので 
1冊でラブラブにするのはけっこうむずかしかったですが、 
今回はわりとしっかりした設定で
ストーリー重視で真剣に書きました。←いつも真面目に書いてるけど(笑)

ヒロインの翠玲は公主らしいしっかり者の女の子です。
一度、強いヒロインで濡れ場ありの恋愛を書いてみたかったので
今回は改稿も多くて大変でしたが、無事に刊行できてうれしいです。

でもまあ濡れ場に限っては、やはりアリス(溺愛ウェディング)とか
リディアーヌ(王太子妃の背徳の恋)のような
ふわふわした感じのヒロインのほうが書きやすいですね。
そのぶんヒーローも調子こいた意地悪キャラになりがちですが。
 
 
鳩屋先生のイラストがまた美麗です。
表情や構図がほんとにどれも素敵で、
物語をしっかりと支えてくださってます。
私は鳩屋先生のお描きになる泣き顔がとても好きなので、
翠玲が号泣するシーンにはイラストを入れてもらうよう担当さんにお願いしました。
そこもとっても素敵に仕上がっていますのでぜひご注目ください。

今回もサイン本、SS等書かせていただきました。
対象店舗の近くにお住まいの皆様、よかったらどうぞよろしくおねがいいたします。   











PR
◆最新記事
◆リンク
※当ブログにおける文章、写真等の 改変、無断転載はご遠慮下さい。
◆mail
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]